人・住まいに思いやり、王子建設の建てる家
くるみ~なの家族

くるみ~なの家

  • HOME »
  • くるみ~なの家

理想の住宅選び、ポイント「断熱」

新築の家で「断熱」をしていない家はないというほど、もはや断熱は当たり前になっています。テクノストラクチャーの家も当然断熱をしていますが、さらにグレードの高い「くるみ~な」という商品も開発しています。

お客様にとってみれば、いろいろな断熱があるけれど、その違いがよくわからないという方もおられるのではないでしょうか?パナソニックの考える断熱について、少しお話させてください。

内断熱と外断熱

くるみ~なの家内断熱と外断熱
「断熱するならぜったいに内断熱だ」「いやいや、外断熱でなくっちゃ」住宅会社同士が断熱について会話をすると、そんな熱い議論になることがよくあります。それぞれに建物に対するこだわりがあるからこそなのですが、パナソニックでは内断熱にも外断熱にもそれぞれ良い所があり、むしろ重要なのは施工能力だと考えています。どういうことなのか、順番にご説明しましょう。

 

内断熱とは

内断熱とは
柱と柱の間の壁の内側に、断熱材を詰め込んで行うのが内断熱(専門用語で充填断熱)です。使われる断熱材としてはグラスウール、ロックウール、セルロースファイバーなどがあります。

外断熱に比べてコストが抑えられるのが大きなメリット。デメリットは、しっかりとした施工で均一に断熱材が詰められていないと、十分な効果が得られない―つまり、職人の腕や現場管理の良し悪しに左右される―という点です。

外断熱とは

外断熱とは
家の構造体そのものを、外側から断熱ボードや断熱パネルですっぽり覆うのが外断熱です。家の形に合わせてカットできるタイプのものが多く、隙間なく覆うことができるのがメリットです。ただし、コストが内断熱に比べて高めであること、構造体の外に断熱材を張り付けるため、狭小住宅では内部空間が狭くなってしまうなどのデメリットがあります。

 
 

テクノストラクチャーの家は断熱方法を選べます。

くるみ~なの家内観
標準的なテクノストラクチャーの家では、内断熱を採用しています。コストパフォーマンスに優れていること、施工管理をきちんとすれば、十分に高い断熱性能を得られることなどが採用の理由です。

ただし、より高いレベルでの温熱環境を住まいに求める方に対しては、外張断熱工法の「くるみ~な」をおすすめしています。優れた気密性・断熱性によって、家の中の温度差をなくし、冷暖房効率もぐんとアップする「くるみ~な」は、エコな暮らしを大切にしている方、ご家族の健康を第一に考える方々に、大きな支持をいただいています。

どちらがあなたの理想の住まいに適しているか、ぜひモデルハウスで体感し、じっくり選んでください。

お近くのモデルハウスを検索

スマートな暮らし×くるみ~な

パナソニックの外張断熱工法「くるみ~な」って、どんななの?
ご興味を持たれた方は、ぜひお読みください。

くるみ~なの住まいとは

くるみ~なの家は、次世代省エネルギー基準※に対応した高気密・高断熱住宅です。外張り断熱工法の気密・断熱性能により、屋外の気温の影響を軽減します。家の中が効率的に冷暖房されるため、ひろいリビングやリビング階段のあるお家でも省エネで快適な暮らしが実現できます。

※「次世代省エネルギー基準」とは2009年に改正・告示された住宅に係わるエネルギー使用の合理化に関する基準であり、住宅の省エネルギーに対する重要な目安です。断熱性能等の一定基準を定め、それをクリアした建築は温熱環境について最高ランクとして扱われます。

くるみ~なの良いところ

高気密・高断熱工法で冷暖房のムダを抑える上、オール電化仕様なら、さらにお得な夜間料金を上手に利用。
ご家族みんなが快適な暮らしを楽しみながら、家計や環境への負担をムリなく抑えられます。

 

室内の温度が逃げにくく屋外の温度も伝わりにくい為、家中の冷暖房ロスが抑えられます。

くるみ~なの良いところ

くるみ~なの家年間冷暖房費比較
〈試算条件〉場所:東京、延床面積:130㎡、冷房(27℃、COP3.6)、暖房(20℃、COP4.6)、冷暖房範囲:居室全室(LDK、和室、主寝室、子供室×2)、冷房期間:6月2日~9月21日、暖房期間:10月28日~4月14日、電力単価:22円/kWh、冷暖房間欠運転の機器運転スケジュール:LDK、和室:11時間/日、主寝室、子供室:5時間/日、シミュレーションソフト:(株)山内設計室 AE-Sim/Heat

 

IHクッキングヒーターや大気中の熱を利用する給湯器エコキュートで、火を使わない暮らしを経済的に実現。高気密・高断熱の住まいに採用することで省エネ性をアップ。

IHクッキングヒーター・エコキュート
※各電力会社により、時間帯や料金体系が異なります。詳しくはお近くの電力会社へお問い合わせください。

 

くるみ~なの家と高気密断熱では無い家の比較

外張り断熱

くるみ~なは、家全体を断熱材ですっぽり覆っているため冷暖房で調整された室温が外気の影響を受けにくく、一年中家中を快適に保ちます。

くるみ~なの家
【くるみ~なの家 条件】
場所:群馬県、暖房設定:リビングエアコン1台、全室ドア開放、設定温度24度、面積:131平方メートル
高気密断熱では無い家
【高気密高断熱では無い家 条件】
場所:大阪府、暖房設定:リビングエアコン1台、全室ドア開放、設定温度24度、面積:109.71平方メートル、築約10年

 

システム構成

テクノストラクチャーの外張り断熱には、家全体をきれ目なくすっぽり覆う断熱材など、工夫がいっぱいです。

くるみ~なの家システム構成

くるみ~なの家地域仕様

くるみ~なの家対応地域

理想の住宅選びポイント「制震デザイン収納設計

制震について
デザインについて
収納について
設計について
※パナソニックESテクノストラクチャー株式会社へリンクされています。

お気軽にお問い合わせください TEL 024(933)4153 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright 王子建設株式会社 All Rights Reserved.